隠れた珍味。それが「ふんどし」!

『カニの美味しい部位』で挙がるのは、脚、蟹爪、蟹みそ、胴体の部分でしょうか。

 

特に蟹みそは一匹の蟹につき少量しか採取できず、貴重で美味しいです。

 

酒のつまみに最高ですね☆しかしこれらの部位だけを褒められても、カニの本領は発揮できていません。

 

人間って凄いですよね〜、カニのあらゆる部位を食べて珍味を見つけ出します(^_^;)その隠れた珍味が「ふんどし」と呼ばれる部位で、これが本当に美味!カニの身と違って歯ごたえがあり、もちもちとしています。

 

一般的に売られる事が少ないので、この部位を知らない人や食べられない部位と思って捨ててしまう人もいます。漁師の人達がこの部分を「残り物」として食べたのが最初だと言われており、天ぷらや唐揚げで食べるととても美味しいのだそうです。

 

では「ふんどし」とはどの部位なのでしょう?答えはカニのお腹で、三角形の部分です。指で押すと柔らかく、ふんどしの他に「前掛け」「はかま」とも呼ばれています。

 

見た目がふんどしの様なのでこの様に呼ばれているみたいですね。胴体を割る時はまずここを剥がして、指を入れてから甲羅を慎重に取るというのがカニの一般的な扱い方です。メリメリと音をたてて簡単に剥がれるので、慣れるとちょっと面白いです。 

 

カニの「ふんどし」が珍味なのは理解できましたか?実はこれ以上に珍味で美味な部分があるのです。それは産卵期の雌ガ二のふんどし部分で、卵を蓄えている場合。簡単に卵を蓄えていると述べましたが、見た目はグロテスクです。

 

小さな卵がぶどうの房の様に塊になっていて、実際私はこの部位が大好物なのですが、最初見た時は引きました。食べるのに勇気がいりましたね(*_*)しかし食べると深い味わいもさることながら、外子はプチプチとした触感が病みつきになります。

 

内子も違った触感を持ち、これまた美味しいです。どちらも酢醤油やわさび醤油で頂くとくせになりますよ。お酒が進みすぎて危険です(^_^;)この部分のみを詰め合わせて冷凍した商品もあるそうなのですが、私はお目にかかった事はありません。一度購入してみたいです。

 

ちょっと余談ですが、毛ガニやズワイガ二はふんどし部分が左右対称なのに対し、タラバガニやアブラガニのふんどし部位は左右対称になっていません。これは、タラバガニやアブラガニはヤドカリの一種だからです。一度確認してみると面白いですよ。

 

美味しいタラバガニを安く仕入れる