栄養も抜群なんです

カニが優秀なのは味だけではありません。

 

確かにカニは美味しくて食べだすと止まらなくなり、つい無口で食べ続けてしまいます。

 

お正月等大勢で集まる時には、カニ鍋やカニしゃぶを囲んでわいわい楽しむのが日本人の醍醐味です。

 

この様に人々を幸せ〜な気持ちにさせてくれるカニですが、その栄養価はとても高くてしかも低カロリー。お正月太りをストップさせてくれる食べ物でもあり、同時に健康的な身体へと導いてくれるのです。

 

 

ではカニにはどのような栄養価が含まれているのでしょうか?

 

まず注目なのはビタミンです。ビタミンE、B1、B2が多く含まれ、若々しい体作りをしてくれます。

 

カロチンも含んでいますが、このカロチンは摂取するとビタミンAとなります。

 

この様にカニからは色々な種類のビタミンを補うことが出来るのです。他の栄養素で注目なのはタウリンです。

 

タウリンは血圧やコレステロール値、血糖値を正常にしてくれます。体のむくみ、息切れ、疲労回復にも効果があります。

 

 

次に是非女性に注目してほしいのが、カニの赤い色を生み出しているアスタキサチンの存在です。

 

数々の有名化粧品メーカーがアスタキサチンを使用してから一躍有名になっている栄養素ではありますが、どの様な効果が期待されるかご存じですか?

 

アスタキサチンには強力な抗酸化作用があります。これによって老化防止、動脈硬化やガン予防にも効果が期待されています。カニの甲羅も重要な栄養素が含まれていますが、それはカルシウムとチキン・キトサンです。チキン・キトサンとは簡単に言えば動物性の食物繊維で、腸内環境を改善してくれたり、肝機能の改善にも期待できます。チキン・キトサンの効果はとても幅広く、他にも視力回復や肌に弾力を与える効果、便秘解消や不眠症改善、骨粗鬆症や肩こりにも効果を発揮するそうです。

 

カニみそにも栄養素が豊富なのを忘れてはいけません、ビタミンA、亜鉛等が豊富で肝機能改善に有効な他、細胞を活性化する核酸が含まれています。

 

この様に栄養価が高いカニですが、カロリーが高いと沢山食べるのを躊躇してしまいがちです。しかし嬉しい事にカニのカロリーは低く、100g当たり60〜80Calの計算です。ヨーグルトが100g当たり90Calですので、カニは低カロリーだという事が分かってもらえるはずです。高タンパクで低カロリー、栄養価が高いのは勿論、文句なしに美味しいカニ。良い事ずくめのカニですが、くれぐれも食べ過ぎでお腹を壊さないで下さいね(^^)

 

 

タラバガニ通販はこちら