毛ガニの美味しい食べ方

カニの中で毛ガニが1番好き!という人もいれば、毛ガニだけは買いたくないと敬遠する人もいて、毛ガニは「好き嫌い」が割とはっきり出るカニです。

 

理由は毛が邪魔で食べずらいという事や、丸ごと一杯からの販売なので解体が面倒だという事、食べる身が少ないという事が挙げられます。

 

しかし毛ガニファンにたまらないのが「カニ味噌」の存在ですし、カニ身も甘みが強くて繊細な味なので、やみつきになるという話も聞きます。身がほぐれやすいので、そこもポイントです。

 

生の毛ガニの場合、丸ごと茹でるのが一番です。他のカニよりも小さいので、大き目の鍋ならすんなり入ります。既に茹でてある毛ガニを冷凍してあるなら、自然解凍でそのまま食べる事が可能です。1番シンプルな食べ方として、カニ酢や甘酢につけていただきます。

 

 

毛ガニ本来の味を楽しむ事ができるかと思います。ちょっと贅沢ですが、身をほぐしてチャーハンの具にするのも美味しいです。

 

毛ガニなら身が取り出しやすいのでスムーズに作業できます。タラバやズワイでチャーハンをすると水っぽさが否めませんので、蟹チャーハンには毛ガニが1番です。グラタンや蟹クリームコロッケも毛ガニを使用すると美味しいです。

 

 

カニ味噌ですが、そのままスプーンで食べても良いですし、カニ身を混ぜてちょこちょこ食べるのも良いです。以外に多いのが、ホタテなど魚介類にカニ味噌を付けて食べるという意見です。コクが出て美味しいのだとか。カニ味噌を大体食べきった後で、甲羅に塩を少々入れてお酒を注ぎ、火にかけて焼きます。

 

お酒を混ぜ合わせて出来上がり♪毛がにの風味とお酒の香りを味わうことが出来ます。大人の余裕で食事をしたいのなら、毛ガニでゆったりがお勧めです。

 

ズワイガニの美味しい食べ方

身の甘みの強さ、茹であがった際の真っ赤な色合い、食べやすさ、食べ方のバリエーションの多さ、見た目の高級さ、とにかく人気があるのがズワイガニです。

 

ズワイガニの食べ方は本当に様々ですが、冬に大人数でワイワイ食べるのなら鍋が1番でしょう。

 

お野菜も一緒に美味しく食べれますし、〆のカニ雑炊がたまらなく美味しいです。

 

ちょっとポン酢を垂らしても良いですね。むき身のズワイやカニしゃぶ用ズワイなら、カニしゃぶがお勧めです。ちょっと火に通して白くなった身を頬張ると、ふわとろっとした食感が口の中に広がります。

 

 

やはり〆はカニ雑炊が良いです。もう考えただけでお腹が空きます。新鮮ならお刺身として頂くのも良いですし、シンプルに茹でてカニ酢や甘酢につけて食べても美味しいです。天ぷらも良いですが、衣を少な目にして高温でさっと揚げるテクニックが必要です。

 

 

グニャッとした天ぷらでは失敗なので気を付けましょう。そしてズワイの甘みを存分に味わいたいのなら、やはり焼きガニで堪能したいですね。

 

殻を一部つけたまま身をさっと焼きます。この時に少々醤油で味付けするもよし、バター焼きにするのもよしです。個人的には塩を少々振り掛けて頂くのが好きです。ズワイガニの甘みがジュワ―っと口に浸み込み、身の歯ごたえもたまらなく美味しいです。

 

 

ズワイガニは身も美味しいですしカニ味噌も美味しいです。余す所なく食べられますので、是非お好みの食べ方でカニ本来の味を堪能して下さい。

 

タラバガニの美味しい食べ方

カニの王様といえばタラバガニです。

 

少々大味ですしカニ味噌が美味しくないとの声もありますが、見栄を張りたいのならタラバガニが1番です。

 

まず見た目が豪華になりますし、カニの身の詰まり具合、食べごたえでもタラバが圧勝です。

 

お腹一杯カニを食べたい時や人が沢山集まる時は、タラバガニを選択しましょう。食べ方ですが、大人数で食べるのならカニ鍋でしょう。

 

タラバ同様に野菜を沢山いれて、最後は雑炊で〆たいです。カニ身の味は淡泊ですが殻から良いダシが出るので、美味しい雑炊が期待できます。

 

 

大ぶりな特徴を生かして、バターなどでカニ身を焼いて“カニステーキ”にしても良いです。

 

シンプルに茹でたタラバガニの太い足をパキッと割って、プリッと出た身をかぶりつくのも豪快で良いですね。

 

 

それはもう食べごたえがありますが、同じ調理法で食べ過ぎると少々飽きてしまうのがタラバガニです。
カニグラタンやドリア、カニコロッケ、カニ寿司やチラシ寿司にする等、バリエーションを色々用意して調理しましょう。(タラバガニを美味しく食べる方法)

 

 

美味しい蟹を通販で注文する