ズワイガ二は風味がダントツです

日本は世界でカニの消費が第1位というくらい、カニを食べている国です。

 

カニといえば、タラバガニ・花咲ガニ・毛ガニなど様々な種類がありますが、それでもまっさきに思い浮かぶのはズワイガニではないでしょうか?

 

見た目的にはタラバガニは大きく、その足一本一本が太いため、食べ応えはズワイガニよりも上でしょう。

 

実際、見た目や食べ応えがあるからと旅館や旅行などの紹介ではタラバガニを前面に出しているところも少なくありません。

 

 

ですが、ズワイガニにはタラバガニにはない上質な風味と繊細な舌触りが特徴的です。

 

 

タラバガニももちろん味がありますが、ズワイガニにはとうてい及びません。事実、タラバガニはあまりだしを出すことがないため、鍋には向いておらず、多くが焼いて提供され
ることが多いのです。

 

 

焼きガニではタラバガニにも風味が出ておいしいのは間違いないのですが、蟹料理といえばやはりその身を食べるだけではなく、そこから出る出汁で作ったカニ雑炊が一番おいしいですよね。

 

 

ズワイガニを鍋で食べることで、上品な風味のカニ身を食べることができるだけではなく、そこからでる出汁のしみこんだ野菜や豆腐などをいただけるのはもちろん、その後にカニの出汁がしっかりとでた汁にお米を煮込んで卵でとじたカニ雑炊を味わうことができてしまうのです。

 

 

 

タラバガニではその身を食べるだけですが、ズワイガニでは一度に多くの蟹料理を堪能することができるんです。そのため、ズワイガニだけの鍋はよくありますが、タラバガニの鍋というのは少なく、出汁や風味のためにタラバガニと一緒にズワイガニを鍋に入れるとうこともよくとられる方法です。

 

 

 

それだけズワイガニのもっている風味はすごいんです。鍋のふたを開けた際、湯気と一緒に立ちこめるカニの香りは最高です。

 

 

それだけでお酒が飲めてしまうくらいですw

 

 

この香りを出すのはズワイガニはもちろん、その出汁を吸った野菜などと複合されてなんとも食欲を駆り立てる香りになるんです。かにしゃぶもタラバガニにはそういった食べ方はありませんよね。

 

 

 

ズワイガニは身が細く熱が通りやすく、しかも風味があるのでかにしゃぶにもってこいなのです。ズワイガニはその食べ方の種類も多彩で多くの味わい方があるのです。また、タラバガニではその殻についているとげが強力で、人によっては手を怪我してしまうくらいですが、ズワイガニはそこまでとげも多くなく、あっても小さいですので怪我をする可能性も低いです。

 

 

 

また、殻の堅さもタラバガニに比べれば薄いため、はさみで切りやすく身を簡単に出すことが可能でとても食べやすいんです。

 

 

 

毛ガニはカニの中でも一番味がしっかりしていると評判ですが、その身は小さく食べた気がしませんよね。

 

 

殻に毛が付いていて身を出すときの手触りはよくありませんし、身に毛が付いてしまって食べるときに舌触りが悪いなんて事もあります。ズワイガニではそういった心配はありません。以上のように、カニには多くの種類がありますが、その中で一番オススメはズワイガニです。

 

 

もしもどのカニを食べようかと迷っている人は、まっさきにズワイガニを選択することをオススメしますよ!

 

 

お勧めの蟹通販はコチラ