ズワイガ二について知ると得する情報

細くすらっとした足、繊細なカニ身、濃厚なカニ味噌。

 

北海道のタラバガニと人気を二分しているのが、このズワイガニです。

 

毛ガニや花咲きガ二も人気ですが、やはりズワイガニの容姿と味が抜きんでていると言って良いでしょう。

 

 

ズワイガニは山口県から北の日本海に多く生息しており、水揚げ量が一番多いのは鳥取県です。

 

 

カニといえば北海道かと思いがちですが、ズワイガニは日本海に生息しています。

 

 

そして産地によって名称が違うのが特徴的で、鳥取、島根、兵庫、京都で捕れたオスのズワイガニは松葉ガニ、福井県沖で捕れたものを越前かに、石川県沖で捕れたものは加能がにと呼ばれています。そしてあまり有名ではないものの、メスのズワイガニは香箱ガ二、セコガニ、セイコガニという名称で呼ばれています。

 

 

 

せっかくズワイガニを食べるのなら、美味しく食べて満足したいですよね。それには素人なりにでも美味しいズワイガニの見分け方を知っておくと良いでしょう。

 

ズワイガ二の選び方

ズワイガニを姿ごと購入するのなら、重さを確認してみて下さい。姿が大振りなズワイガニの方が身が沢山あるかと思いがちですが、開いてみると案外身がスカスカだったりします。小ぶりなズワイガニでも1kgを軽く超え、開いてみると身がぎっしり詰まっていたりします。

 

 

 

脚の部分を軽く押すと、身が詰まっていないものはペコッとへこみます。この様なカニは避けましょう。

 

 

 

また甲羅がしっかりと硬いカニをチョイスすると良いです。脱皮して日の浅いカニを水ガニというのですが、市場ではこの様な水ガニを安値で取引しています。脱皮直後のカニは、エネルギーを使ったせいで身入りが悪いです。脱皮から1年以上たつと身がしっかり入っています。甲羅や脚に黒い粒がついているカニをチョイスするのもポイントです。

 

 

 

黒い粒がついているカニを「気持ち悪い」といって嫌う人もいますが、あの黒い粒はカニビルの卵です。

 

カニビルは固くなった甲羅や脚にしか卵を産みつけません。従ってカニビルに選ばれたズワイガニは、かなり甲羅が堅いと推測できます。カニビルは魚には寄生しますが、カニには寄生しませんので安心して大丈夫です。

 

 

 

そして茹でれば取れてしまいますので、心配しないで下さい。もし通販でズワイガニを購入するのなら、評価の高い優良な業者を選びましょう。

 

 

 

通販の歴史が長いお店、きちんと実店舗を構えているお店、カニを中心に取り扱っているお店がお勧めです。最近ではネットで評価が出来ますから、レビューをしっかりと確認して下さい。悪徳業者の場合、紅ズワイガニをズワイガニと称して販売する事があります。

 

 

 

ズワイガニと紅ズワイガニ、両者は全く別物と判断して下さい。まず生のズワイガニはくすんだあずき色で、茹でて初めて赤い色をします。対して紅ズワイガニは茹でる前から赤いのが特徴です。紅ズワイガニはズワイガニよりも深海に生息しており、水圧に負けない為に水分を身体に多く取り込んでいます。その為に茹でると身が縮んでしかも水っぽくなるのです。

 

 

 

紅ずわいがにの場合は身が少ないので、茹でて食べる以外は身をほぐして料理のトッピングに使うのがおすすめです。

 

 

 

缶詰にも良く使われています。悪徳業者の場合、紅ズワイを他のブランドのズワイガニとして販売するケースがあります。決してマズくはないですが、身が細く味が淡泊です。知らぬが仏なので、そのまま時が過ぎれば良しかもしれません。が、やはり騙された感が否めません。

 

 

 

消費者側である私達がしっかりと見極めていきたいですね。後悔のない買い物が出来る様、ズワイガニを購入する際はどれが美味しそうかしっかり吟味しましょう。

 

 

 

お勧めの蟹通販はコチラ