幻の花咲ガニとは?

カニといえばズワイガニ・タラバガニ・毛ガニです。この3大カニも良いですが、花咲ガニも忘れないで下さい。

 

大きなカニを沢山頬張りたいという欲張りな人は、大抵タラバガニを選択します。

 

確かにタラバガニは、鍋にしても焼いても揚げても美味しいです。

 

 

しかし幻のカニと言われる花咲きガ二も、とても美味しく食べ応えがあります。

 

花咲きガ二の姿ですが、甲や脚に沢山の棘がありごつごつとしています。

 

甲は逆ハート型になっており、可愛くもあります。しかしタラバガニと同じ位姿が大きく、大変迫力のあるカニです。そしてタラバガニと一緒でカニという分類ではなく、ヤドカリという分類になります。

 

 

ヤドカリと聞くと少々テンションが下がりますが(笑)決して味が落ちるという訳ではありません。

 

 

味はしっかりとカニの味であり、とても美味しいので安心して下さい。さて、個人的に甲や脚の棘が花の様に見えるから花咲ガニ?と思っていたのですが、どうやら熱を加えると綺麗な朱色に変わる事から「花咲カニ」の名前がついた様です。

 

 

『さっきまで茶褐色色だったのに、茹でた瞬間花が咲いたように美しくなった!』という捉え方で良い様です。

 

 

そしてもう1つ花咲ガニという名前の由来があるのですが、それは花咲ガニの主な漁獲地にあります。花咲ガ二の主な漁獲地は根室の「ハナサキ」という地名であり、これに由来しているとも言われています。

 

 

 

見た目豪華な花咲ガニなのに、他の3大カニと比べると認知度は低めです。しかし大手通販サイトでは4大ガニとして食べ比べを勧めています。まだまだ大手以外の通販サイトでは、花咲きガ二を取り扱う事が出来ないケースもあるのです。

 

 

 

同じヤドカリ科のタラバガニは、比較的漁場が広い為安定して水揚げされています。一方で花咲きガ二は、日本においては北海道での根室市沖でしか水揚げされません。大変貴重であり、実際に食べた経験がある人もまだ少ないのです。生息範囲ですが、ベーリング海からオホーツク海沿岸などが主ですが、千島列島や北海道周辺の納沙布岬〜襟裳岬付近の太平洋側や根室半島周辺にも、多く生息しています。

 

 

 

水揚げされる絶対量がタラバやズワイに対して圧倒的に少ないので、希少性があり本州方面までに出回らない事が多いのです。しかし人工成種苗の開発や乱獲撲滅などの努力が実り、徐々に市場に出回っています。通販サイトでも多く取り扱う様になってきているのが嬉しいですね。

 

 

※希少性が高く市場に出回る事の少なかった花咲ガニ。地域の人達だけが美味しく食べていた幻の花咲ガニ。せっかくなので花咲ガニを食べてみたい!と思ったら、カニ通販サイトから手に入れるのがお勧めです。どの通販サイトでも花咲ガニを取り扱っているという訳ではありませんから、各通販サイトを良く比較してから購入しましょう。

 

どんな食べ方が美味しいの?

さて花咲ガニの美味しい食べ方ですが、まずオスとメスで味や食べ方が違うという事を把握しておいて下さい。

 

オスは甘味のあるカニ脚が最高に美味しく、メスは内子や外子が人気です。

 

メスのふんどし部分にある内子は、濃厚な味が楽しめます。

 

そして外子はプチっとした食感で、少し味付けをして頂きます。珍味としてカニ通の間で人気があります。これは是非どちらも堪能してみたくなりますね。そしてカニ味噌も最高ランクであるという事をお忘れなく。

 

 

 

花咲ガニのカニ味噌は若干緩めのかたまり具合なのですが、これが好みだという人が結構多いです。そして味噌の味はコクが深く、とても濃厚で癖になります。オスのカニ脚を堪能するにしても、メスの内子・外子を食べてみるにしても、旨みをそのまま頂くには、現地で浜茹でするのが一番です。

 

 

そしてその太い脚をがぶりとかぶりつくのも良いですし、鍋にするのも良いです。そして地元で絶対にやるのが、郷土料理でもある鉄砲汁です。調理法を簡単に説明すると、@ぶつ切りにした花咲ガニを味噌汁の中に入れるA人参や大根、豆腐などと煮るB小口切りのネギを入れて完成♪です。詳しくは料理サイトを検索してみて下さい。カニの出汁がとても美味しくて、身体の芯から温まります。北海道を代表する郷土料理です。

 

 

鍋にするにしろ鉄砲汁にしろ、花咲ガニの調理では殻の処理に十分気を付けて下さい。

 

花咲ガニの殻はとても硬くて棘がありますから、慣れないと危険です。キッチンバサミを使い、怪我をしない様に気を付けて調理しましょう。

 

 

通販サイトなどで花咲ガニの価格を見てみると、希少と言われる割にお値段が高価でない事に気付きます。激安ではないものの、希少性から考えると少々安いかもしれません。その理由として、世間体にあまり知られていない事が挙げられます。

 

 

ズワイガニの様にブランド化が進んでいないのも理由の1つです。是非この機会に、希少な花咲ガニに挑戦してみてはいかがでしょうか。病みつきになる可能性は十分に有り得ます。

 

 

蟹通販はこちら