そもそも上海蟹って?

上海蟹を想像すると、何となく中国・上海の高級料理店で出されているイメージがあります。

 

とても高価な蟹であり、一般人は気軽に食べられない様にも思えます。まぁこれは庶民である私の想像にすぎず、実はそこまで高価すぎる訳でもありません。

 

 

私達一般人でも気軽に上海蟹を堪能できますので、一度食べてみたいものです。

 

 

一昔前の上海蟹は、確かに高価な蟹でした。その理由は生きたまま調理しなくてはいけないからです。市場でも生きたまま販売しています。しかし最近は繁殖が進み手に入りやすくなったのもあり、上海蟹は身近なカニになりつつあるのです。

 

 

さてカニといえばズワイガニやタラバガニ、毛ガニが日本の代表です。これらのカニは海に生息しています。

 

 

しかし上海蟹は、海でなく湖の淡水で育てられているのが大きな特徴です。ハサミに毛が密生しており、見慣れていないのでちょっと怖かったりもします。そして食べ方も日本のカニと違います。日本のカニはしゃぶりつくす様に食べられますが、上海蟹はその様に食べられません。

 

 

もともと上海蟹は小ぶりのカニですから、日本のカニの様に太いカニ脚からカニ身を出して食べつくす事は不可能です。

 

 

日本の様にカニでお腹一杯にはならないのか・・・とちょっと残念になりますが、上海蟹ファンの人達は皆口を揃えてカニ味噌を絶賛します。とても濃厚でとろみのあるカニ味噌は、一度食べると病みつきになるそうです。

 

 

 

上海蟹はタラバガニやズワイガニと違って甲羅や脚に固いい部分が多く、キッチンバサミと異なるカニ専用ハサミを使って解体します。キッチンバサミでも調理に支障はないものの、カニバサミの方が圧倒的に早くキレイに殻をむく事が出来てお勧めです。

 

 

 

まず甲羅を剥がすのですが、この時目の後ろにひし形の塊があります。それはカニの胃であり、速やかに捨てて下さい。上海蟹の胃は雑菌が潜んでいる可能性があり、胴体についている「ガニ(灰色のもの)」も危険なので取り除きましょう。上海蟹は雑食性であり、めったな事では死なないタフなカニです。そのせいで、胃やガニの部分に雑菌がついている可能性があります。せっかく上海蟹を食べたのにその後お腹を壊したら最悪です。

 

 

気を付けて下さい。次に胴体と脚をさばきます。上海蟹のカニ身はタラバやズワイと比べて少ないものの、脚や胴体には身がしっかり入っています。処理を丁寧に行えば上海蟹の身を沢山味わう事が出来て楽しいですよ。

 

上海蟹の美味しい時期は?

この様に、タラバガニやズワイガニという日本で出回っているカニとは多くの特徴が異なる上海蟹ですが、私達外人が初めて上海蟹を食べる場合、せっかくなので高価なお金を出してでも良い上海蟹を食べたいと願うかもしれません。だってなかなか上海蟹を食べる機会なんてないですから、食べれるチャンスがあるのなら美味しい上海蟹を食べたいものです。

 

 

もしお金を出してでも上質な上海蟹を味わいたいのなら、中国江蘇省蘇州市にある陽澄湖で養殖されている上海蟹を選ぶ事です。

 

 

正解的ブランドとして有名であり、高値で取引されるものの品質は確かです。又、上海蟹には旬の時期があります。9月はメス、10月はオスだといわれ、この頃のメスは内子、オスの味噌はとても美味しいそうです。この時期をチョイスして上海蟹を食べるのも一つの方法です。

 

 

 

主に、上海蟹を蒸して食べる「蒸し蟹」、1〜2年目の上海蟹を白酒に塩、花椒、ウイキョウ、丁寺を混ぜた液に漬けて食べる「醉蟹」、上海蟹のメスの内子を入れた小籠包の「蟹黄小籠包」などが料理として有名です。

 

 

他にも「ふかひれの上海蟹ソース煮込み」、「上海蟹肉と蟹味噌を和えた麺」など、季節によって様々な料理が楽しめます。日本では東京を始め、横浜や神戸の中華街などでも美味しい上海蟹がメインのコース料理店があります。美味しいお店を紹介する本も数多く出ていますし、ネットで調べればすぐピックアップ出来ます。

 

 

 

上海蟹は栄養価も高く、タンパク質やビタミンB2を豊富に含んでいます。上海蟹は高い割に美味しくない・・・と話す人がいたら、可愛そうですがハズレの上海蟹かハズレの料理店だったのかもしれませんね。

 

 

好みこそあるものの、上海蟹はとても美味しくて奥深い味です。タラバガニやズワイガニばかり食べている人達、はなっから上海蟹はNOという人達。

 

 

今一度上海蟹という新しい風を受けてみてはいかがでしょうか。予想以上に上海蟹の虜になってしまうかもしれませんよ。

 

 

蟹通販はこちら